【詩】『ottava』

【詩】『ottava』
心の扉を固く閉ざし、
誰も入れたくないと、閉じこもった。
苦しみの中、ただただ耐えるのみ。
そんなとき、1筋の光が差した。・・・